メリットが多いと言われるダイレクトコンポジットレジン

>

あまり強度がないもの

注意点を知っておこう

樹脂がベースになっているので、柔らかく加工しやすい面がメリットです。
しかし強度には少し問題があり、大きな力や衝撃が加わると割れる恐れがあります。
そのため施術を受けたら、固い食べ物を思い切り噛むことは避けてください。
固い食べ物は少しずつ噛むように心がけると、治療した部分を守れます。

また数年が経過すると着色汚れがついたり、変色したりすると覚えておきましょう。
それでも性能に問題はありませんが、気になる人は歯医者に行って交換してもらうのが良い方法です。
トラブルが起こって治療した部分が壊れたり欠けたりした場合は、すぐ歯医者に行ってください。
放置しているとそこからバイ菌が侵入し、病気を発症するリスクがあります。

治療できる範囲が狭い

広い範囲の治療には向いていないこともあり、大きな虫歯の時はダイレクトコンポジットレジンを希望しても医師から難しいと言われたりする場合があります。
事前に、自分の歯に適応できるのか尋ねておきましょう。
例えば人間の歯には、大臼歯という歯があります。
そこは食べ物をすり潰したり噛み締めたりする時に使う歯ですが、大臼歯全体をダイレクトコンポジットレジンにすると噛み合わせが悪くなったり、うまく食べ物を噛めなくなったりするトラブルが起こりやすいです。

自分で判断するのは難しいので、必ず歯科医に判断してもらってください。
また治療して異変を感じたら、その場合もすぐ歯科医に伝えましょう。
すぐに処置してもらえば、被害を最小限に抑えられます。