審美治療で利用されるダイレクトコンポジットレジンとは

メリットが多いと言われるダイレクトコンポジットレジン

見た目重視!歯の治療方法とは

通常の方法で歯を治療した場合は、その部分が変に目立ってしまうことが多いです。 口を開いた時に、すぐ歯の治療したと周囲に気づかれるでしょう。 見た目を気にする人や、人と接する機会が多い職に就いている人は、綺麗になることを優先して歯の治療をするのが良い方法です。

経験が豊富であること

中にはダイレクトコンポジットレジンに慣れていない医師も存在します。 そのような人に治療を任せても、不安なだけでなく綺麗に歯を整えてもらえません。 高い費用を出した意味がなくなってしまうので、技術を持っている歯科医に任せることを心がけましょう。 そのためにも歯科医の情報収集を行ってください。

違和感のない歯を手に入れよう

ダイレクトコンポジットレジンを使って歯を治療すると、見た目が非常に綺麗になるというメリットを得られます。
歯の全てや一部を失った場合は代わりの歯を埋め込んだり、詰め物をしたりしなければいけません。
その時に保険が使える方法だと、治療費は安いですが見た目が気になってしまいます。
口を開いた時に治療した部分が目立つのが嫌だという人は、ダイレクトコンポジットレジンを使ってもらいましょう。
さらに場合によっては、保険を適用できるというのもダイレクトコンポジットレジンの魅力です。

ただ治療する医師によって、仕上がりに大きな差が出ます。
綺麗に仕上げてもらうためには、良い歯科医を選びましょう。
あまり経験がない歯科医に任せると、期待した結果にならないかもしれません。
経験が豊富だったり、たくさんの知識と技術を持ったりしていることを条件に探しましょう。
また周囲から評判を聞いて、歯科医を見つけるのも良い方法です。
その際は口コミを参考に、訪れる歯医者を決めてください。

見た目が綺麗になるのはメリットですが、強度が優れているわけではありません。
強い力を加えると割れたり、欠けたりする可能性があるので注意が必要です。
そのため固い食べ物を、勢いよく噛むことは避けましょう。
さらに広範囲の治療には向いていない、数年で変色するなどのデメリットがあります。
治療した部分が割れたり、変色して気になったりする場合はすぐ医師に相談し、再び治療してもらいましょう。

あまり強度がないもの

ダイレクトコンポジットレジンは、強度に優れている素材ではありません。 ですから衝撃を加えるとすぐに欠けたり、壊れたりします。 そうなったら噛み合わせに影響しますので、歯医者ですぐ処置してもらいましょう。 またダイレクトコンポジットレジンは、狭い範囲の治療に向いています。